QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
06:46 06月12日 [土]
【口蹄疫 情報集積所inVIP】より。わかりやすいテンプレ
周知用チラシ
www.dotup.org875008

報道への疑問チラシ
kouteieki_syuusei3.jpg

「口蹄疫って何?」チラシ
口蹄疫とはチラシ


責任論や、政党への批難はとりあえず置いておきまして、
我々に何ができるか、落ち着いて考えましょう。

現状では、1・情報の集積、精査、拡散
       2・被害に遭われた農家や地域への支援を考える


【口蹄疫って?】
・偶蹄類(牛、水牛、山羊、羊、鹿、豚、猪、カモシカなど)が感染する病気です。
・口蹄疫のウィルスは非常に感染力が強く、感染が確認された地域への立ち入りは規制されます。
・家畜の死亡率は高くありませんが、仔牛などが感染した場合、死亡率は高くなります
 その為、一頭でも感染が確認された農場は、全ての家畜を処分しないといけません。

・ウィルスは、熱に弱く、胃酸で死滅するので、万が一食べても感染しません。
・人間には極稀に感染しますが、殆どの場合軽症ですみます。

よくわかるまとめ
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100507_kouteieki_matome

感染農場は5年は使えないという情報はソースがありません
3週間が正しい情報のようです。(但し埋設した場所は3年は掘ってはならない)
http://twitter.com/hideoharada/status/13596309557

人間が口蹄疫にかかった例 ウィルスが発見された1898年以降はいずれも軽症で済んでいます。
それ以上前の死亡例は検体を保存して後に検査した、等の記述がなく、口蹄疫では無い可能性が高いです。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/prion/pf99.html

■必須の基本対応:家庭内での対策
 基本的に不要、買っても食べても平気
 但し、興味本位で対象地域へ行って、ウィルスのキャリアー(宿主)になり、
 結果的に被害を拡大させるようなことはしないこと

■原因:どうしてここまでの騒ぎに
 1.初動での封じ込め失敗
 2.大臣が外遊で上位権限を持ったまま放置
 3.県の予算枯渇
 4.GWの観光客で全国に拡散の疑惑


■今後の影響:口蹄疫拡大の影響は?

≪予想される影響≫
軽 畜産・農産物・競走馬(土付き)の移動禁止(鶏も含めて出荷不可)
中 動物園閉鎖、奈良の鹿全滅、人・物の国外移動制限
重 全国の畜産壊滅、業者の廃業・失職、牛乳・食料・薬品の高騰

※ここからからくる二次被害・・・企業、株価、貿易、経済・・・という連鎖を考えたら・・・
  以下動画も参考のこと

総統閣下は政府の口蹄疫対策に大変お怒りのようです
http://www.youtube.com/watch?v=uFgxlo2a0og
(ニコニコ版>http://www.nicovideo.jp/watch/sm10637491)

■前提としての正確な理解:風評被害の恐れ
 まずは風評被害の意味を知ってもらうこと
 風評被害どころの話ではなく、畜産業がそもそも消滅してしまう事態で
 風評被害なんて話すら成立しない


■継続対応:今後自分たちたちがすべきこと、できることはなにか


・国産牛豚の買い支え・食い支え

・寄付 お勧め方法はふるさと納税
 来週からは融資が口座を開設してくれたらしいからそっちでもOK
http://www23.atwiki.jp/kouteieki/
 
・情報の拡散
 口コミ、チラシ配布、上記動画の拡散(携帯送信がおすすめ)など
 友人知人、取引先に事の重大さを知らせること

・国とマスコミの監視
 宮崎県のみを悪者にされないよう責任の所在について隠蔽・歪曲されないように報道を監視
 情報統制されているのは明らかであるため、これまでの情報源を必ず押さえておくこと
 相手に不利になるそうな情報源は魚拓を取っておくこと


・なによりも冷静になること
 冷静に対処すれば前回の対処法も日本にはあることを踏まえておく
 すでにパンデミック状態になりつつある
 人体に直接影響はなくてもこれからジワジワくるだろうが、情報収集は怠らないこと
 (多くの日本人は畜産に関する歴史が浅いからか
  牛豚がいなくなったらどれだけ影響が出るかを理解していないと思われる)



家庭内での対策

 畜産関係者や鹿や猪、豚を買っていなければ基本的に不要、買っても食べても平気
 とにかくタフで攻撃的なウイルスなので農場や畜産上への無消毒訪問は事態収束まで避けてあげてください
 1頭感染=その畜産場全殺処分なので、致死率は実質100%を超えています

どうしてここまでの騒ぎに
 1.初動での封じ込め失敗
 (発見獣医師は最速で動き家畜保健衛生所呼んで立ちあわせていたそうなんですが…上が…)


 2.アカ松農水大臣が外遊で上位権限を持ったまま放置
 (上長がハンコ持ったまま失踪したようなものです、キューバに何の用事があったんでしょう)


 3.光の戦士原口一博がGWを前に報道規制
 (裏で動いていたかというと何もしていません、外遊農相の代理は宮崎が地元の福島みずほでした)


 4.10年前の被害規模(宮崎で35頭、北海道で705頭)の100倍を超え、想定処理方法がパンク
 (5/17昼時点で累計111例、殺処分対象85723頭)
 (過去100年は5000頭~100頭で封じ込めてきました、二次被害のない埋却場所が足りないような有様です)
 5.知らずに遊びに来たGWの観光客で全国に拡散の疑惑
 (高速1000円のおかげで遠方からも大勢いらっしゃいました、20日頃から全国に広がればこれが原因です)

予想される影響
軽 畜産・農産物・競走馬(土付き)の移動禁止(鶏も含めて出荷不可)

中 動物園閉鎖、奈良の鹿全滅、人・物の国外移動制限、堆肥の生産不能
  現地の防疫対策での地域経済の破綻

重 全国の農業畜産壊滅、業者の廃業・失職、国産牛乳・食料・薬品の不足・高騰
  海外渡航・物資輸出制限による経済の混乱

これからどうすれば?
 感染疑いですら出荷はされていませんので安心して九州産牛豚の買い支え・食い支えに協力してください
 宮崎県のみを悪者にされないよう責任の所在について隠蔽・歪曲されないように監視
 自称風評被害対策での報道規制でしたが現在やはり感情的に忌避しそうになるような報道になっています
 例によって毎日変態新聞や鳥越はすでにやらかしてます



インフォメーション
 国際的には国連食糧農業機関に於いて、日本での口蹄疫アウトブレイク宣言がされております
ネットでも並行で情報拡散、知らないのはテレビと新聞しか情報源のない一般日本人だけな状況でした

そもそも世界標準の扱いは人間に感染しないにもかかわらずペストやコレラ以上の対処と扱いです。
 
英国でのアウトブレイクの際は総選挙が延期されて対策に専念したほどです


日本の和牛の半数~それ以上が九州産の仔牛を育てたものです、これを親から殺処分することになり、
今後親牛から育てなおすことで和牛畜産家は6年近く収入が途絶えます、市場からも消えたままです。
 これにより価格競争力を失った精肉市場では全体的な値上がりが懸念されます、今まで安かった米国豪州産が
国産牛の価格になってもおかしくないわけです、牛乳も海外産が混ざることになるでしょう。

感染しても害がないなら食べれば良い、については、加熱加工品以外は製品にしてもウイルスが
最高100日近く生存することが確認されており、出荷先から生産元への逆流感染が懸念されるので
とにかく現場から動かさないまま殺処分・消毒埋却をせざるを得ません。
  スーパーエリート牛6頭の避難について・・・現場は先月末から要請しておりました、移動できたのは半月後です
個人的な恨み節
 阪神大震災でのマユゲといい、アカ松・みずほと社会党関係者によって日本はガタガタです


日本の報道は腐っています、この温度差をあなた自身の肌で感じてください
東国原知事Twitter
口蹄疫@ウィキ

にぶーいにぶーいおとうさんおかあさんむけのたとえばなしのざいりょう

For母
かぁちゃん一人で風邪ひいた赤ちゃん看病してるところに赤ちゃん5人預けられました
ミルクもオムツも我が子ひとり分です、医者にもいけず財布の中も自分たちだけで精一杯です
国に手助けをお願いしたら来てもくれず、死んだら保険金出すよとニヤニヤされました
・・・他の赤ちゃんに風邪が移って近所中から責められています、助けて・・・

For父
子会社で20年がかりの独自開発部品が業界標準になったところで工場が事故
卸先にもフォローに奔走してますが社長はC国にあそびにいったまま帰ってきません
ようやく帰ってきたら部品使った製品をM国から仕入れるから子会社は自活してねといわれました
俺は首くくれば済んでもその部品で製品作ってくれてた卸先は・・・・・・?



5月の政府の「口蹄疫」感染対策
(4月分は「31行でわかる政府の口蹄疫対策」を見て下さい)

5/1 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。
 総理、熊本県水俣慰霊式に出席。イグサ農家を視察、サインをせがまれて「い草と畳で友愛」。宮崎はスルー
5/3 感染17例目確認 殺処分9000頭突破
5/4 感染19例目確認 殺処分27000頭突破
 総理、普天間問題で沖縄訪問。宮崎はスルー。 舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張
5/5 1例目から約70km離れたえびの市で感染確認、感染23例、殺処分34000頭に
5/6 感染35例目確認、殺処分10000頭増加
 ウイルスが韓国や香港のウイルスと近縁であることを確認
 熊本県の家畜市場で5月の競り市中止決定。約18億円分の取引停止。
 福島みずほが農相臨時代理だったことが確認される
5/7 小沢幹事長、宮崎県訪問。『選挙協力要請』のため東国原知事と会談。
 約20分の会談で東国原知事は小沢幹事長に農家の損失の全額補償など9項目の要望書を提出
 中村県議会議長(自民党)は出席を拒否される。
 小沢「口蹄疫対策は県の課題」
 平野官房長官が関係閣僚に対策指示、自衛隊の追加派遣も検討
 感染43例目確認、殺処分59000頭に
 JA全農おおいた、5月の家畜市場の開催を中止
5/8 赤松農水相帰国、栃木県佐野市で富岡よしただの後援会に出席
 司会者「『後援会の為に』便を早めて帰国後帰国後直接ここ(佐野)に来てくださいました」
5/9 舟山政務官帰国予定
 東国原知事「報道されていないことについては、様々な理由があるとは思うが、確かに不思議に思う。」
5/10 赤松農水相が東国原知事と会談
【宮崎・口蹄疫】 「補償、全額面倒を見る」…赤松農水相、東国原知事との会談で★2
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1273467995/



宮崎の口蹄疫、韓国・香港のウイルスと酷似
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100507-OYT1T00974.htm

 農林水産省は7日、宮崎県で見つかった口蹄疫ウイルスを動物衛生研究所(本部・茨城県)と英国の家畜衛生研究所で分析した結果、韓国と香港で今年発生したウイルスと遺伝子が極めて似ていると発表した。
 どちらかから宮崎県に流入した可能性が高まった。
 発表によると、動物衛生研究所がウイルスの遺伝子の塩基配列を調べ、世界中の口蹄疫ウイルスの遺伝子データを集積している家畜衛生研究所に照合を依頼した。
ただ、動物衛生研究所によると、ウイルスは感染するたびに変異するうえ、英国の研究所にすべてのウイルスのデータはないため、どちらから流入したのか特定は難しいという。
(2010年5月7日19時29分 読売新聞)

しかし農水省を見てもプレス発表は5月2日のみ。

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/douei/100502_1.html

1.概要
 先般、宮崎県児湯(こゆ)郡都農(つの)町で発生した口蹄疫(1例目・O型)について、(独)農研機構動物衛生研究所が実施したウイルス遺伝子の解析データを同研究所及び英国家畜衛生研究所(英国、パーブライト(注))が分析しました。
 この結果、当該ウイルスがアジア地域で確認されている口蹄疫ウイルスと近縁のウイルス(O/JPN/2010)であることが確認されました。
 (注)英国家畜衛生研究所は、国際獣疫事務局(OIE)から認定されている口蹄疫の確定診断機関(リファレンスラボラトリー)であり、世界で発生した口蹄疫ウイルス遺伝子の解析情報を保有し、口蹄疫ウイルス株の詳細な解析を行っています。

2.今後の対応
 今回得られたウイルス株を海外で確認されているウイルス株と比較する等、更なる分析を進めるとともに、その情報も踏まえ、口蹄疫疫学調査チームによる感染経路の究明を進めます。

3.2~4例目の患畜の確定について
 本日までに、(独)農研機構動物衛生研究所における抗原検出検査(ELISA検査)の結果、2~4例目について、1例目と同様、口蹄疫(O型)の患畜と確定しました。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ