QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
00:21 06月15日 [火]
はやぶさ、後継機の予算3000万に縮小…着手できず
「はやぶさ」を知らなかった人のための 3分でわかる!「はやぶさ」ストーリー
http://madam.atmark.gr.jp/hayabusa2010.htm

「停止していた2基のエンジンを組み合わせることで、1基分の推進力を得ることに成功。」
って遠隔操作みたいなのでやったんだよね、これ…?

「こうして、はやぶさは予定より3年遅れという時間をかけ、
ゆっくりと、地球への帰路を進むことになった。
すでに耐用年数を2.5倍超過。(人間なら200歳!?)
打ち上げ以来の総飛行距離は約45億キロ。
ほとんど全損に近い状態で、傷ついてボロボロになって、満身創痍の身体で、それでも地球へ...」

ってところで泣けた。日本人は擬人化に弱いからな。

もう一個
頑張れ、不死身の小惑星探査機はやぶさ
http://gazoo.com/G-blog/ntkd29/169930/Article.aspx

「JAXAは停止していたAとB2基のイオンエンジンの故障した部分が異なることに着目し、1基のエンジンの中和器に別の1基の「イオン源」を組み合わせることで1基分の推進力を得ることに成功した。引き続き慎重な運用が必要となるもののこの成功で予定通り来年6月に地球に帰還できる見通しが立ったという。はやぶさは現在地球から1億6千万キロの宇宙空間を飛行中とのことである。」

こっちは去年11月の記事だ

530 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/06/15(火) 01:10:40 ID:zMYgyVE40
はやぶさには幾多の護りがあったんだろうね。

関係者からのメッセ-ジ「はやぶさへの手紙」のこの一文が深い!!
http://hayabusa.jaxa.jp/message/message_042.html

~はやぶさ、一体君は、100年後の世界の人々に何と語られるだろうか?
「その昔、東洋に日本という島国があって、月より遠い星から塵を拾うという、
時間と金の無駄をしていた」と言われるのか。
それとも、「今日、人類社会が太陽系の大海原を超えて広がり、
隕石の地球衝突を回避して文明の崩壊を防ぐ技術を身に付けるための、
小さな第一歩だった」と評されるのか。持てる知恵と力の全てを注いで、
未知の自然を理解し、未踏の地に歩みを進めることが、人類の歴史そのものだ。
君の旅は、そうした系譜の中に書き加えられるべきだと、僕は思う。~



最後の写真をこんな風に分析した人もいます
はやぶさの最後の作品が完璧すぎてやばい
http://q-orbit.jp/2010/06/post_415.html



ツイッターでもいろんな声が。

leiabout(´;ω;`)ブワッ QT @wataosan: 「はやぶさが燃え尽きた後になって、観測室にデータが届いた。 撮影の段階ではやぶさは燃え始めていたはずで、なぜこのような画像を送れたのか信じられません(関係者)」
この写真は一生モノです。 はやぶさラストショット (c)jaxa #hayabusa
http://bit.ly/bR9oRC #hayabusa

nareane各国の視線が痛いぜっw RT @nakamukae: わざわざウーメラ砂漠20km×200kmの範囲を確保しといたのに、誤差1kmくらいで落としたらしいからな。そりゃ発見も早くなるか。日本の技術力の変態さってのは・・・。

@Hayabusa_JAXA: <6月14日 17時41分(日本時間)発信>日本時間2010年6月14日16時08分、はやぶさカプセルの回収作業を完了しました。なお、現段階でカプセルは破損していない模様です。

RT @Tech_of_Japan TCM-4は地球から190万キロの彼方。この後はやぶさは着地のための姿勢制御はしてない。それで1キロ四方にカプセルを放擲した命中率は、驚異の99.99995%。

teesskaruntそっか、帰還が遅くなってなければ、Twitterや、ニコ生やピアキャスもUSTREAMも無かったわけなんだ…。 #Hayabusa

上の人のつぶやきに納得。3年遅れてなければ、こんなにたくさんの人には伝わらなかっただろうね。
なにせ、日本では中継されなかったもの。



ただ、この感動の裏に仕分けという水がさされた。

はやぶさ、後継機の予算3000万に縮小…着手できず
http://osaka.yomiuri.co.jp/science/news/20100614-OYO8T00291.htm

@mondomaniacs: 未来へ繋がる投資はどちらか RT @kohyu1952 どちらが本当の「子供手当」か胸に手を当てて考えて RT:「はやぶさ」の偉業を展示公開するはずだった広報施設は、蓮舫によって仕分けられた。広報施設の年間維持費1億円。子供手当は年間5兆円

kippis_sg「はやぶさ」の開発費用、125億円。運用や広報にかかる費用を別にすれば、これだけの感動を与えてくれた探査機に国民一人が払ったお金はたったの100円ですよ、という解説はありだろうか。 #hayabusa

fairooいいかーみんなー。はやぶさは工学実証機なんだ。はやぶさの成果を持って、はやぶさ2を生み出さないとはやぶさのやってきた結果は全く意味を無くしてしまう。予算締め切りは今年の夏。文部科学省に応援をガンガン送って国民の声を届けなければならん。ここテストに出るぞー #hayabusa

ShinyaMatsuura川口語録その3「今日ではやぶさは終わるが、技術の風化と拡散が始まっている。伝承する機会がもう失われているかもしれない。これを理解してもらい、将来につなげるミッションを立ち上げる必要がある。」
宇宙作家クラブ ニュース掲示板
http://www.sacj.org/openbbs/index.html

「はやぶさ予算 これが日本の価値観の違い!」かんがるさんの日記より
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1513651998&owner_id=23222363

8兆9547億円 男女共同参画推進関係予算の高齢者向け予算(2005年度、概算要求)

6兆9473億円 公共事業関係費(2007年度政府案概算要求)

5兆9462億円 道路特定財源(国と地方の合計、2001年度)

4兆8016億円 防衛関係費(2007年度政府案概算要求)

3兆5780億円 アメリカ合衆国の宇宙関係予算

3兆1280億円 りそな銀行に投入された公的資金

2兆4045億円 生活保護支出(2003年度)

1兆6743億円 男女共同参画推進関係予算の男女共同参画等向け予算(2005年度概算要求)

1兆4400億円 東京アクアライン建設予算

1兆3600億円 全国の朝鮮銀行に投入された公的資金(1998年から2002年まで)

  8200億円 瀬戸大橋建設費

  7293億円 ODA(2007年度政府案概算要求)

  6724億円 NHKの予算(2005年度)

  6216億円 欧州の宇宙関係予算

  6074億円 食料安定供給関係費(2007年度概算要求)

  5000億円 明石海峡大橋建設費

  2845億円 日本の宇宙関係予算 ←――――――――ここ!!

  2273億円 中国への日本のODA(2000年度)

  1625億円 中小企業対策費(2007年度概算要求)

  1212億円 中国への日本のODA(2002年度)

   453億円 会計検査院による2005年度の税金の無駄遣い総額

   357億円 映画「スパイダーマン3」の制作費

   240億円 映画「タイタニック」の制作費

   200億円 映画「アルマゲドン」の制作費

   144億円 映画「エヴァンゲリオン」実写版の制作費

   138億円 衆議院赤坂議員宿舎総工費

    127億円 はやぶさ本体の開発費 ←―――――――ここ!!

    0.5億円 「はやぶさ2」予算 ←―――――――ここ!!

財務省への要望はこちらから行えます.
•財務行政へのご意見・ご要望の受付
https://www2.mof.go.jp/enquete/ja/index.php
MEF(小天体探査フォーラム)でも投稿を呼びかけています. 財務省のご意見箱に投稿しよう!

松浦晋也さんが10月20日のロフトプラスワン「はやぶさは飛翔した」開催後、予算折衝中の「はやぶさミッション2」に関して、財務省に対して意見投稿を行いました。2010年後半、「はやぶさ」帰還後に打ち上げられることを楽観して見守ってきた「はやぶさ...2」ですが、なかなか厳しい状況であるらしいです。予算獲得の為の秘策等をある筋から聞かされていたものですから、「ん、何とか成るのだろう」と思っておりましたが、やはりじっと待っていてはダメな模様。皆様もぜひ財務省の「ご意見箱」にご投稿を!


民主党が「中国の黄砂対策費に1兆7000億円投入」
した事実とかもチラホラ出てきている




はやぶさ後継機仕分け、枝野氏「工夫求めただけ」
 民主党の枝野幹事長は14日の記者会見で、昨年11月の事業仕分けの際、小惑星探査機「はやぶさ」後継機開発などの衛星関連予算を「1割削減」と判定したことについて、開発の必要性は否定しなかったと釈明した。

 枝野氏は当時、仕分け人の統括役を務めていた。

 枝野氏は「もう少し工夫すれば、少ないお金で同じ効果を上げられるのではないかという議論だった」と強調。今後については「成果につながることを続けることは、決して否定していない」と述べた。

(2010年6月14日22時51分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100614-OYT1T01006.htm

しかし証拠の動画はあるのだった
【JAXA】事業仕分け B-11 _ 研究開発・広報 宇宙機構(文科省) 2010_04_26.part1
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ