QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
07:28 06月16日 [水]
参院選を延期して、口蹄疫の感染拡大阻止を最優先にせよ
何故延期しないかの説として
7月24日あたりに小沢と検察の間でまた何かあるから
イメージダウン回避のためその前に選挙を…っていうのをどこかで見た気がする。

参院選を延期して、口蹄疫の感染拡大阻止を最優先にせよ(Let's try to get great change!村田純一)より
http://10n1no1v.blog47.fc2.com/blog-entry-337.html

宮崎県の口蹄疫が都城市へ飛び火した。

菅首相は今日宮崎で
「日本の農業にとって国家的な危機だ」
と述べ、
感染拡大阻止に最優先で取り組むと強調した。

今回の飛び火は多発地域から50キロ以上離れており、
ワクチン投与等の封じ込め策が失敗した。
東国原知事は、
完璧な防疫対策は
県内外の全ての人、モノ、車の完全移動停止、
地域住民の通常活動、機能の一定期間完全停止、
全ての鳥や動物、昆虫、小動物の駆除、
畜舎、農家の完全密閉だが、
現実は不可能だ、と悲鳴を上げている。

そんな中、
殺処分に追い込まれた川南町の農家から参院選延期の要請が出ている。
この状況で国政選挙をしたら、
宮崎に止まらず、
九州一円から全国に感染拡大の危険があるという。


私も昨年衆院選挙を戦ったが、
選挙戦は過熱する。
宮崎県だけでなく、
九州の隣県や全国で、
人、モノ、車の移動が著しく激しくなる。

朝から晩まで車で移動し、
その距離の長さ、
人との接触、
すべてがこれまでの防疫体制を破壊し、
ウイルスの運び屋となるのは間違いない。

今、
車のタイヤだけでの消毒では不十分で、
車全体の消毒が必要と言われている。
選挙カー全体を毎日、何度も消毒しながら走らせるのか。
鳥や虫も運び屋となるので、
畜舎を全てネットで覆う必要性も出ている。

そんな中で、
県内をくまなく候補者は飛び回ろうとする。
川南町の方が言うように、
役所も農家も消毒作業、埋却作業に追われ選挙どころではない。
しかし、
選挙は過熱する。
県外から選挙応援にも来る。
それを取材にマスコミも来る。
来た応援弁士とマスコミは、また移動する。

2001年、
イギリスで口蹄疫が感染拡大した際、
ブレア政権は、5月に予定されていた総選挙を6月に延期した。

自民党からも、
農林水産委員会を緊急開催し、
与野党を超えて対策に取り組み、
非常事態宣言を出して感染拡大防止を優先し、
参院選の延期も与野党で検討すべきだとの意見が出ている。

鳩山政権は、
自民党のすることは何でも反対して感染拡大を引き起こした。
菅首相が、
国家的危機との認識で、
感染拡大阻止に最優先で取り組むなら
参院選を延期しなければ無理だ。

さもなくば、
「選挙が第一」の民主党が被害を拡大するだけになる。
そして、
日本の畜産業が終わりを告げることになるかもしれない。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ