QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
23:50 09月21日 [火]
民主党代表選の投票権、外国人にも認めるのは問題だ 党員・サポーターには在日韓国人が少なからずいる
【読売】民主党代表選の投票権、外国人にも認めるのは問題だ 党員・サポーターには在日韓国人が少なからずいる
ttp://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1283620637/

1 :そーきそばφ ★:2010/09/05(日) 02:17:17 ID:???0
民主党代表選は日本の政党の党首選びである。在日外国人にまで投票権を認めるのは、明らかに行き過ぎだ。
民主党は、国会議員、地方議員、党員・サポーターに代表選の投票資格を与えている。
その合計の1224ポイントのうち、党員・サポーター票は300ポイントと約4分の1の重みを持つ。
選挙戦が激しくなれば、約5万人の党員、約29万人のサポーターの1票が、勝敗を決する可能性もあると指摘されている。
問題は、民主党の規約が党員とサポーターの資格を「在日外国人を含む」と定めている点だ。
憲法は公務員選定・罷免の権利を、公職選挙法は選挙権を「日本国民」にのみ認めている。
政治資金規正法は、政党や政治団体が外国人や外国法人から寄付を受けることを禁じている。
いずれも、日本の政治や選挙が外国からの干渉を受けるのを防ぐための規定だ。この趣旨に照らせば、
政権党であれ、野党であれ、党首選の投票権を外国人に認めることは、きわめて疑問である。
ソース (2010年9月5日01時11分 読売新聞)代表選の投票権 外国人にも認めるのは問題だ(9月5日付・読売社説)
代表選の投票権 外国人にも認めるのは問題だ
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100904-OYT1T01061.htm

6 :名無しさん@十一周年:2010/09/05(日) 02:19:40 ID:Yn54bHOYP
  外国人に首相の決定権があるって憲法違反だろ

15 :名無しさん@十一周年:2010/09/05(日) 02:23:21 ID:Y1iGy/fD0
  こういうことをテレビは報道しないよな
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ