QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
【政治】 「バターン死の行進」 岡田外務大臣が公式謝罪
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1284358218/

「死の行進」写真説明を訂正 AP通信、65年前に配信

 【ニューヨーク=田中光】AP通信は18日、65年前に配信した第2次世界大戦時の写真について、
「バターン死の行進」とあった写真説明を、「行進の後」と訂正した。生存者の証言がきっかけで調査
が進み、歴史的な写真の訂正は珍しいという。
 「行進」はフィリピンのバターン半島で1942年に起きた。米比軍8万人が降伏したが、大量の捕虜
受け入れの準備ができていなかった日本軍が80キロ以上の道を歩かせ、数千人以上の死者が出た
と言われている。
 問題の写真は、米軍が日本人から入手したもので、「バターン死の行進で捕虜たちによって運ばれ
る死傷者たち」として45年に配信された。戦後も各メディアで使われ続けたが、ニューメキシコ州に住
む行進の生存者が昨年8月に掲載された写真説明は事実と違うと地元紙に連絡し、AP通信で調査が
始まった。その結果、国立公文書館で保管されていたメモなどから、写真は行進の数週間後、収容所
で撮られたものだと分かったという。
 連絡した生存者はAP通信に対し、「日本軍は、死んだ同僚を運ぶために行進が遅れることを許すは
ずがない」と話しているといい、現場で同僚の埋葬を手がけたことがあるという。

「死の行進」写真説明を訂正 AP通信、65年前に配信
http://www.asahi.com/international/update/0319/TKY201003190237.html
http://www.asahicom.jp/international/update/0319/images/APX201003190001.jpg

バターン死の行進(Wikipedia)
バターン死の行進は、第二次大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本
軍に投降したアメリカ軍・フィリピン軍捕虜の死の行進。戦闘・病気での消耗と過酷な行軍に加えて、辻
政信の扇動などにより虐待も行われ、約7千人から1万人の捕虜が死亡した。
本事件は戦時中アメリカ本土で誇張して宣伝され、格好の反日プロパガンダとして利用された。
2008年12月と2009年2月に、藤崎一郎駐米大使が、バターン行進の生存者で作る団体「全米バターン・
コレヒドール防衛兵の会」に対して日本政府を代表し、バターン死の行進について「村山談話」に則って
公式に謝罪した。


73 :名無しさん@十一周年 :sage :2010/09/13(月) 15:22:01 ID:Z7t9hZdo0(11)
>>58
アメリカで謝罪を要求していた一部勢力がどのくらいの勢力なのか、
報道が殆ど無いからな。やぶからぼうの印象しかない。

ある日突然岡田が土下座し始めた印象しかないから、いまいち米豚を叩くのも難しい。

338 :名無しさん@十一周年:2010/09/13(月) 15:57:56 ID:WqjI5W6R0
死の行進って捕虜も日本兵も将校もみんな
全員、同じように歩いて移動しただけだ、バカ。
捕虜に十分な食料与えなかったって日本の将校にも
食べるものなかったんだよ、昨今日本の企業にも
公用語を英語でなんて抜かしてるバカがいるけど
オマエの国の歴史も知らないバカが一番嫌いなのはアメリカ人なんだよ。
アメリカ人が日本人に対して呆れる事の第一位は自国の歴史を
まるっきり知らない事。バカの岡田ぁ、オマエ死ねよ今すぐ直ちに
バカは要らない、バカは目障り、バカは粗大ゴミ、今日からイオングループに
対して不買運動活動展開させてもらうわ。

そしてこんなのもw↓

AP通信の日本軍による「バターン死の行進」写真、捏造だった
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1269016072/

314 :日出づる処の名無し :sage :2010/09/13(月) 17:13:24 ID:OpvSbLMr
>>309
確かサピオだったかで、女性が検証のため歩いたら
けして楽とは言わないが虐待って言われるような過酷さではなかったってあったな

317 :日出づる処の名無し :sage :2010/09/13(月) 18:00:12 ID:AY+Yyq8Y
>314
笹幸恵さんのルポ、「バターン死の行進 女一人で踏破」(『文藝春秋』 2005年12月号)だね。

文春の記事に対して、バターン行進の体験者の元米軍捕虜が抗議文を寄せている。


---
この体験者がどういう方か気になりますな___
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 05:03:44.68 ID:WEVvv+6t0
テレビ欄で見ると、NHK・BS3でアグネス・チャンの番組を今日14時から放送する。
犯罪者と893をテレビに出さないのが、NHKだと勘違いしていた。
週刊こどもニュースでは、日本ユ偽フと国境なき医師団への募金を呼び掛けていたし。

薬事法違反のアグネスを追い詰めるスレ
ttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/ms/1283056995/

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 06:06:42.81 ID:uXGc/R050
止めろ!規制社会・監視国家ブログ版
http://kitaharak.exblog.jp/15071957/

Commented by 愛知の長門 at 2010-09-10 12:20
ピンハネ割合の話が出ておりますが、やはり重要なのは率ではなく額ではないでしょうか。
実際に計算してみましょう。

日本ユニセフ:19.3% 180億円→34.74億円
ワールドビジョン:21.9% 7.12+3.85=10.97億円→2.4億円
プラン・ジャパン:18.1% 35.8億円→6.48億円
国境なき医師団:32.9% 40.1億円→13.193億円
ピースウィンズ・ジャパン:19.0% 13.5億円(繰越除く)→2.565億円
総額が多いとはいえ、群を抜いていることがわかります。
「たくさん集めたんだからたくさんピンハネしてもいいだろう」なんて考え方は不適切です。
国境なき医師団HPの広告では、「3000円で100人の命が救える」そうです。


確かに、国境なき医師団へ改善を求める必要性はわかりますが、だからと言って「日ユニは悪くない」とは言えません。
そんなもの、「25%じゃない!20%しかハネてないんだ!」というみすぼらしい主張と同類ではないでしょうか。




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/09/13(月) 10:03:40.78 ID:iBjjQHxu0
日本ユニセフ協会は信用できる?
チベットでの弾圧を見捨てるなど中国関連の出来事にはノーコメント。豪華なビルと高額給与が自慢の自称慈善事業団体?
投票期間 : 2010年05月29日~2010年06月05日
http://blog.with2.net/vote/?m=va&id=38586&bm=
信用できない 610件 (95.6%)
信用できる 28件 (4.4%)

「信用できない」 : 自分達の団体名すら正式に名乗れない癖に変なダイレクトメール送ってこないでもらえます? (男性/40代/福岡)
「信用できない」 : マンガを弾圧する事より 現実の児童を守る活動を頑張れ (男性/30代/愛知)
「信用できない」 : 人類皆家族みたいなこと言いながら理事の家族の犯罪に無関係でよかったっていうような広告塔がいる時点で (女性/20代/神奈川)
「信用できない」 : 自分達の関係者が悪事働いてもお咎め無しかよ。いい加減にしろや。 (男性/30代/新潟)
「信用できない」 : 実際の児童保護につながるような活動をしないでなにやってるの (男性)
「信用できない」 : アグネスが親善大使なんて、それこそ詐欺協会の看板にふさわしいかも。 (女性/60代/神奈川)
「信用できない」 : 児童売春の元締めなんだそうですね、どうりで規制したいわけだ。 (女性/20代/千葉)
「信用できない」 : 募金ピンはね自社ビルを見てると、もうね・・・。 (男性/40代/埼玉)
(キリが無いので、抜粋)




日本ユニセフの不都合な真実
ttp://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/otaku/1247957273/
1 :おたく、名無しさん?:2009/07/19(日) 07:47:53
日本ユニセフ協会は現在、特例財団法人として活動しているが、この制度が2013年11月に廃止されてしまう。
この時点で公益財団法人に移行できないと特例公益増進法人の指定を受けられなくなってしまう。
特定公益増進法人への寄付は一般の寄付金控除枠とは別枠で損金算入できる。
これが日本ユニセフを通した寄付金ルートの最大のメリットであり、彼らはなんとしても死守しなくてはならない。
もし公益財団法人への移行に失敗すると一般財団法人となってこのメリットを失う。
さらに一般財団法人への移行も失敗すると解散しなくてはならない。
日本ユニセフ協会が単なる民間団体であり、国連ユニセフとは別の国内組織にすぎないという事実が一般に知れ渡ると、天下り利権団体として国民に廃止論がわき起こる。
それを彼らは一番恐れている。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ