QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
23:48 11月06日 [土]
「日本のデモを報道しなかったことを正当化」社会情報学部 コミュニケーション学科 准教授 鈴木 弘貴
251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/02(火) 20:34:29.73 ID:Db+HZsy+0
>>249
( ゚д゚)ポカーン
こいつは何を言ってるんだ?

海外メディアが、事前に情報をつかんで取材に来るほどのデモを「知らなかった」と
恥知らず・・・あ、それは前から解ってたがw
こんな駄文で、報道しなかったことを正当化できるとでも思ってるのか?
最後にはCNN批判とか、もうね('A`)

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/02(火) 20:45:44.21 ID:2hdqyZhO0
アメリカの放送局が、アメリカの国益を考えて、何が悪い?

日本にある報道機関で、日本人に向けて伝えているのに
チャイナやコリアの利益だけを考え、事実も真実も隠しているモノたちこそ、滅ぶべし。

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/02(火) 20:48:08.78 ID:Db+HZsy+0
ああ、こいつは変態社員じゃなくてどこぞのアホ准教授だったかwスマソ

ところでこの御仁、財団法人放送文化基金の助成・援助対象らしいな

http://www.hbf.or.jp/grants/object.html
犬のにほひが・・・とは考えすぎかw

>>249-250 文字起こしぽにですた

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/02(火) 20:53:06.99 ID:BDWK9t9W0
社会情報学部 コミュニケーション学科 准教授
鈴木 弘貴(すずき ひろたか)

担当講義科目名国際マスコミュニケーション論
グローバルジャーナリズム
--------------------------------------------------------------------------------
研究分野
1.ヨーロッパの国境を越えるマスコミュニケーションと社会変動(早くけりをつけたい分野)
2.CNNインターナショナル、BBCワールドなどのグローバルジャーナリズムの可能性(現在進行中の分野)
3.東アジア(日、中、台、韓、朝)の国境を越えるマスコミュニケーションと社会変動(今後力を入れたい分野)

所属学会日本マスコミュニケーション学会 日本社会学会
日本EU学会 日本国際政治学会

--------------------------------------------------------------------------------
学歴1985年4月 ★時事通信社入社 (記者職)★
1992年9月 水戸支局、経済部を経て留学準備のため同社依願退職
1994年1月~6月 ニューヨーク国連本部広報局(インターン)



11月1日名古屋版朝刊 15面記事
★時流底流★「無国籍」報道の可能性

 10月2日、東京都内を含む日本のいくつかの都市で、「反中国デモ」があったという報道をご存知だろうか。
尖閣諸島沖で中国漁船船長を海上保安庁が逮捕して以来、日中関係が近年まれに見るほど緊張している最中に、
「尖閣の日本の領有権を確認し、中国の対応に抗議を示す」デモがあったらしい。
ここで「らしい」と書いたのは、筆者がこのデモを直接見たわけではないばかりでなく、
毎日新聞はじめ日本の主要なメディアではほとんど報道されなかったからである。
 筆者はCNNインターナショナルのウェブサイトで見た。記事には日本人とみられる署名があったが、
掲載の最終的な判断・責任はCNNにあるのは言うまでもない。
 CNNインターナショナルは「世界のニュースを、地球市民に」をモットーとするグローバルジャーナリズムである。
この時点でのデモはグローバルな視点から取り上げる価値があると判断されたのに対し、
「日本」というナショナルな視点からはその必要なしとみなされたということになる。その後16日にも
同様のデモがあり、こちらは日本のメディアも報じた。
 日本のメディアが先のデモの報道の是非を判断する際、「日中関係を考慮」したのかどうかは知る由もない。
ただ、少なくともCNNは「考慮して報道を控える」しなかったわけで、これはグローバルジャーナリズムの
無国籍性という、ナショナルなくびきから自由なジャーナリズムのメリットのひとつといえるであろう。
 しかし、CNNインターナショナルといえども、9・11事件後のアフガン戦争、および一連の
ウサマ・ビンラディン容疑者関連報道では、「アメリカの国益」を考えた報道姿勢を打ち出していた。
 いかなる国家・国民の利益にもとらわれないニュースを提供してくれる、
完全な「無国籍グローバルジャーナリズム」が実現する日は来るのであろうか。

 鈴木弘貴(十文字学園女子大准教授)
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ