QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
05:14 09月03日 [土]
中国が嫌がらせ なでしこ練習でスパイク使用禁止
中国が嫌がらせ なでしこ練習でスパイク使用禁止
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/09/01/kiji/K20110901001528810.html

 なでしこジャパンが中国から露骨な嫌がらせを受けた。女子サッカーのロンドン五輪アジア最終予選は1日に中国・済南で開幕する。初戦のタイ戦に臨むなでしこジャパンは31日、試合会場の山東スポーツセンターで公式練習を行ったが、中国サッカー協会からスパイクの使用禁止を命じられ、周囲から丸見えのサブグラウンドでの練習を余儀なくされた。完全アウェーの本番モードとなってきたが、主将MF沢穂希(32)は公式会見で、全勝での予選突破を宣言した。

 公式練習はタイ戦の会場である山東スポーツセンターで、現地時間の午後3時から1時間行うことが決まっていた。だが、午後2時30分頃にチームバスがスタジアムに到着すると、中国協会の関係者からスパイクとボールを使っての練習を禁じられた。日本協会関係者が交渉し、ボールを使用することだけは許可されたが、試合会場のピッチではランニングシューズでしかボールを蹴れないという非常事態。なでしこジャパンは15分間だけスタジアムのピッチで練習し、残りの45分間はサブグラウンドでの練習を余儀なくされた。

 「急に練習できない、スパイクを使えないということだった。1時間(スタジアムで)練習できれば一番良かったけど、みんながそうならいい」

 対戦するタイやその他の国も同様にスパイクの使用を禁じられたため、佐々木監督は努めて冷静に振る舞った。だが、出場6カ国のうち開催国の中国だけは、地の利を生かしてすでにピッチの状態を確認済み。いかにも中国らしい嫌がらせだが、逆に世界王者の闘志に火をつけたことだけは確かだ。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ