QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
06:27 10月12日 [水]
電通とNHKの関係
電通とNHKの関係より
http://www.lcv.ne.jp/~kobamasa/kogaisya.htm

(前略)

公共の皮をかぶったNHKには、この就職難の時代でも
再就職して退職金を何度も貰える天下り職場がこんなにある

実は、この子会社、NHK本体よりもでかい金が動く
子会社、孫会社をNHKのOBで作り、そこへ異常に高い値段で
下請けさせて太らせ, そこへ職員が天下る構図、受信料を
身内のためだけに使うこのシステムはインハウスと呼ばれる 
道路公団と全く同じパターン

(中略)

日本のマスコミは広告会社「電通」が支配している。
この「電通」を支配しているのが成田豊(最高顧問)と俣木盾夫(会長)である。 両名とも言わずと知れた在日朝鮮人(田姓とキム姓)である
毎日新聞の第一次倒産騒ぎの時に、在日企業の資金とパチンコ資金を入れ、
ソウルオリンピックの民放の放映権をTBS
毎日に独占的に与えるように工作した。
それ以来TBS毎日は在日の工作機関に成り下がった
勿論、NHKも電通が支配している。NHKを支配している構図は
NHKが番組制作を子会社NHKエンタープライズに依頼すると、
NHKエンタープライズが番組制作会社の?総合ビジョン(電通)に丸投げする。
ここで税金である膨大な制作費が電通に入る。
そのうち数パーセントをNHK側関係者にキックバックして
電通の意のままの番組を制作しNHKを支配することになる。
総合ビジョンの在日コリアンプロデュサーが反日偏向番組を製作し、
それをNHKを通じて日本国民が見て洗脳されることになった。




…など、読めば読むほどNHKのひどさが明るみになってくる記事でした。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ