QLOOKアクセス解析
情報メモまとめ
マスコミが、芸能ネタなり事件を執拗に報道している時は注意しなさい。国民に知られたくない事が必ず裏で起きている
06:02 04月25日 [水]
「悪い国」にされてきた日本
少し前のものだけれど
内容がとてもとても素晴らしいので転載。強調された部分が特に。

TPP:オバマはASEANプラス日本が羨ましい!より
http://yohkan.iza.ne.jp/blog/entry/2490312/

アメリカには自国こそNo.1だと云う強烈な自負がある。
最近は随分落ち目だ没落だと云われるが、経済力にせよ軍事力にせよ、他国に比して圧倒的に強い。
だから国連で大勢の国々と同列に扱われると屈辱を感じるらしい。
総会で投票をする際、なぜアメリカともあろう大国が、聞いたこともないアフリカの小国と同じ1票しか持てないのかと、客観的に考えれば、ま、もっともな不満を口にする。

国連の意思決定プロセスが思い通りにならぬと文句をつけ、拠出金すら滞納するお国柄だから、アメリカ人がAPECを見る目も厳しい。

(中略)

にもかかわらず、オバマ政権はAPECを名誉挽回に利用するつもりだ。今こそ外交無能のレッテルを剥がすチャンスだ。
TPPに日本を引きずり込み、出来ることならその枠組みをAPECにも絡めて、アメリカ主導の大経済圏をぶち上げたい。
アジア太平洋地域で各国の諸制度を共通化して非関税障壁を撤廃し、域内自由貿易を推進して、アメリカこそが盟主だと国の内外に知らしめたい。
アメリカの多国籍企業にがんがん儲けさせたい。これこそが次期選挙に向けた格好のアピールになる。
大統領本人はそう考えているようだ。

ふと気付けば、東南アジア10ヶ国が集まるASEANで日本は正に主導的な役割を果たしている。
日本が中心になってルールや制度や規格を共通化して、統合市場として大きなプレゼンスを示している。
支那や韓国がちょっかいを出したため、最近ではASEAN+3などと云うが、実は+1の日本こそが主役だ。
ASEANの旗をみろ。何と、日の丸に束になった10カ国の象徴が描かれているじゃないか。
コレなんだよ、わがアメリカこそアジア・太平洋でああいう立場であるべきなんだよ。オバマ大統領は膝を叩いて、そう思ったのではないか。


残念ながら、ひとつだけオバマさんは勘違いしているようだ。
日本が並外れた経済力を武器にして、ASEANの国々に無理強いしてルールや制度や規格を共通化したわけじゃない。
法律や契約でワザを駆使し、弱いものを捻じ伏せて権益追求を図ったわけじゃない。
自由貿易協定を振りかざして他国のドアをこじ開けたわけでもない。

わが国とASEAN諸国との緊密な協力関係は歴史に立脚する。
日本が尊い聖戦を闘い抜いて、白人の植民地支配からの独立を促した国々ばかりなのだ。
アジアの一員として連帯し絆を深め、互いに尊重しつつ共存共栄をはかる。
ASEANはまさに「大東亜共栄圏」だ。金儲けだけが目当ての胡散臭いTPPなんぞとは本質的に違う。

オバマさんにはそのあたりがわかっていない。



コメント欄の
「そのうえ莫大なODA・投資と経済的な協力で、現在ASEAN諸国は経済的にも恵まれた存在になっています。
白人国家が植民地化していた、アフリカや中東を見ろ!
どこにそんな国がある!」

もハッとさせられる。

これを思い出した
【至上最大の秘密】 書いたらfacebookから警告?【日本人に知られてはならない】

そして、これも。一部転載。
アメリカ軍の日本洗脳政策
http://ameblo.jp/free-and-obligation/entry-10713353129.html

日本は敗戦はしたものの、「アメリカには絶対に屈しない」という
気概を持って行動しようとしていました。
そこがアメリカにとっては脅威だと感じたようで、
「日本は悪い国である」、「日本は人道に反する残虐行為をした」
という意識を植え付けるために、ありもしない
捏造を繰り返し国民にすり込むという、
「War Guilt Information Program(戦争犯罪すり込み計画)」を
日本に対して実行したわけです。




うーん、アメリカが、原爆を落としたことの正当性のために、「日本は悪い国」ということにしたい説はどこで見たんだったかな。
あと、日本が植民地から奪うどころか発展させた事実があまりにも白人国家に都合が悪いので「日本は悪い国」ということにしたい説もどこで見たんだったかな。

中国韓国がゆすりたかるために日本を「悪い国」にしてきた話はあふれんばかりにあちこちで見れるのだが。
コメント投稿の受付は終了しました。
携帯向けRSSATOMGoogleSitemap管理ページ